header_logo.GIF

グローバル・シーは各種コンサルティングを行っています。

もし何か相談事項があれば、気楽にお問い合わせ下さい。

新着記事

2011年05月28日

KNS第33回ものづくり・ひとづくり研究会 in MOBIO-Cafe

【1】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃  0603・KNS第33回ものづくり・ひとづくり研究会 in MOBIO-Cafe
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃  「電磁ノイズ対策の究極的な基盤技術を一緒に開発しませんか!」
┃ 今回のMOBIO-Cafeは、KNSと共催で実施します。KNS世話人のひとりで、
┃大阪大学の兼松教授より「電磁ノイズ」をテーマにした研究会です。
┃ 電磁ノイズは、機器への悪影響、性能の劣化など、さまざまな場面で問題を
┃引き起こしています。解決に向けては、多くの技術がありますが、複雑で
┃決定打に欠けるのが現状ではないでしょうか。
┃ 「抜本的な電磁ノイズ対策が立てられないか。」
┃「電磁ノイズが格段に減少したら、新しいビジネスが生まれるのでは。」
┃「電磁ノイズを理解し、さらに、電気回路をすっきり学べないだろうか。」
┃こんな思いを持っている方、ぜひ、ご参加ください。

┃日 時:6月3日(金)
┃    (セミナー)18:30〜20:00、(交流会)20:00〜21:00
┃会 場:MOBIO第1会議室(クリエイション・コア東大阪 南館2階)
┃ ※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
┃講 師:大阪大学教授 産学連携本部イノベーション部部長(KNS世話人) 
┃    兼松 泰男(カネマツ ヤスオ)氏
┃内 容:・電磁ノイズ対策の究極技術って何
┃    ・何に適用できるか。どんな事業展開があるのか
┃    ・コンソーシアム、そして何を目指すか
┃    ・開発企業の権利確保と自由な発展
┃定 員:30名程度(定員になり次第、締め切ります。)
┃対 象:ものづくり中小企業 ほか
┃主 催:KNS(関西ネットワークシステム)
┃    MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
┃参加費:セミナー500円、交流会費1,000円
┃申 込:http://www.kns.gr.jp/entry.html
┃    イベント名には、「6月3日研究会」と記載ください。
┃問 合:MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
┃    大阪府ものづくり支援課(担当:領家、濱田)
┃電 話:06-6748-1050


【2】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃        フランス−大阪 経済投資セミナー
┃ 「フランスと大阪の経済投資交流の促進に向けて」を大阪にて開催!
┃   http://www.investosaka.jp/event/pdf/110517_seminar.pdf
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃大阪市は、フランスと大阪の経済投資交流の促進を図るため、在日フランス
┃商工会議所、在日フランス大使館対仏投資庁日本事務所等と共同で、
┃「フランス−大阪 経済投資セミナー」を開催します。
┃相互に進出している企業からそれぞれの進出事例を報告いただくほか、フランス
┃の投資環境や大阪での企業進出サポート等についてプレゼンテーションを
┃行います。また、セミナー終了後には、参加者の交流を図るための昼食交流会を
┃開催するとともに、開発が進む大阪駅北地区先行開発区域「グランフロント大阪」
┃PRセンターの見学会も実施します。

┃日 時:6月15日(水) 10:15〜16:30
┃場 所:大阪市公館(大阪市都島区網島町10−35)
┃    http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000020132.html
┃プログラム:
┃  第1部 セミナー 10:15〜12:30(大阪市公館 レセプションホール)
┃   ○フランス進出事例報告(日本企業)
┃    木戸章司 NTN株式会社 常務執行役員/経営戦略本部 本部長
┃   ○大阪進出事例報告(フランス企業)
┃    仁野覚 エスモード・インターナショナル代表
┃   ○フランスの投資環境について
┃    クリストフ・グリニョン
┃     在日フランス大使館対仏投資庁日本事務所代表
┃   ○大阪での企業進出サポートについて
┃   竈門加珠子 大阪外国企業誘致センター(O-BIC)事務局次長
┃   ○フランスでの企業進出サポートについて
┃   デヴィ・ル・ドゥサール
┃     TMI総合法律事務所 外国法事務弁護士(フランス法)
┃  第2部 昼食交流会 12:30〜13:45(大阪市公館 会議室)
┃  第3部 視察見学会 14:30〜16:30(グランフロント大阪 PRセンター)
┃    ※PRビデオ(英語)上映、ロボット実演等を含む
┃言 語:日仏同時通訳/逐次通訳
┃定 員:80名(先着順)・<視察見学会は25名>
┃参加費:無料
┃   (お申し込みは6月8日(水)までに下記URLよりお願いいたします)
┃    http://www.investosaka.jp/event/form/110517.cgi
┃問合せ:IBPC大阪企業誘致センター 担当:菊根、松本
┃    TEL:06-6615-7130 FAX:06-6615-5518
┃    E-mail:matsumoto@ibpcosaka.or.jp
┃主 催:在日フランス商工会議所、在日フランス大使館対仏投資庁日本事務所、
┃   大阪外国企業誘致センター、大阪市、大阪国際経済振興センター、
┃   大阪府、大阪商工会議所


【3】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃  大阪市ビジネスセミナー「WHY OSAKA?〜いま、大阪にできること〜」
┃   http://www.investosaka.jp/event/pdf/110516_seminar.pdf
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃大阪市では、東日本大震災発生直後から、消防隊・医療チームの派遣など
┃の被災地の支援に加え、震災により影響を受けた企業の円滑な事業継続の
┃支援にも取り組んでいます。
┃今回のセミナーではその一環として大阪・関西のビジネス環境や企業向け
┃支援施策などをご紹介いたします。大阪でのビジネスのご関心のある方は、
┃奮ってご参加ください。

┃日 時:6月13日(月)14:00〜17:00
┃場 所:第一ホテル東京4階 宴会場「プリマヴェーラ」
┃    (東京都港区新橋1-2-6)
┃    http://www.daiichihotel-tokyo.com/web/access/index.html
┃プログラム:
┃  ○「新エネルギー立国“ニッポン”を創りあげろ!!
┃    〜主役は西日本エリア、急がれる大型の設備増強〜」
┃    株式会社産業タイムズ社 代表取締役社長 泉谷 渉氏
┃  ○「企業立地の動向と企業のハザードリスクについて」
┃    財団法人日本立地センター 常務理事 徳増 秀博 氏
┃  ○「外資系グローバル企業から見た大阪・関西の魅力」
┃    日本アイ・ビー・エム株式会社大阪事務所
┃     ディレクター 坪田 知巳氏
┃  ○「うめきた・グランフロント大阪〜『ナレッジキャピタル』からはじまる
┃    知的価値の創出」
┃   株式会社ナレッジ・キャピタル・マネジメント
┃    代表取締役社長 間渕 豊 氏
┃  ○「いま、大阪にできること 〜大阪市の企業支援のとりくみ〜(仮題)」
┃    大阪市長 平松 邦夫
┃定 員:200名(先着順)
┃参加費:無料(お申し込みは下記URLよりお願いいたします)
┃    http://www.investosaka.jp/event/form/110516.cgi
┃問合せ:IBPC大阪企業誘致センター 担当:在田、田村
┃    TEL:06-6615-7130 FAX:06-6615-5518
┃    E-mail:ipc@ibpcosaka.or.jp
┃主催:大阪市/財団法人大阪国際経済振興センター
┃    (IBPC大阪企業誘致センター)


【4】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃    「中国GDP世界第2位時代の対中ビジネス戦略」セミナー 
┃      の開催と参加者募集のお知らせ! [6月7日(火)]
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃ 少子高齢化の進展に伴って国内市場が伸び悩む中、日本企業の中国市場に
┃対する期待は高まりつつあります。他方、昨年は中国における労働争議の頻発
┃や賃金上昇、尖閣諸島問題を背景とした日中関係の悪化など、中国リスクが
┃改めて認識された年となりました。しかしわが国にとって中国が重要な隣国
┃であることに変わりはなく、日本企業がGDP世界第2位となった中国経済の活力
┃を取り込み、成長戦略を推進するシナリオも求められています。  
┃ ジェトロでは、有識者による「中国ビジネス戦略研究会」を組織、日本企業
┃の中国ビジネス戦略について、日本企業へのヒアリング調査・分析に基いて
┃提言する報告書をとりまとめました。そこで、ジェトロの中国ウォッチャー
┃ならびに中国ビジネスの最前線でご活躍の民間企業の方々を講師に迎えて、
┃前記報告書の概要に最新のビジネス動向を交えたセミナーを開催します。
┃ 多数の皆さまのご参加をお待ちしています。

┃日 時:6月7日(火) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30〜)
┃会 場:大阪商工会議所 4階 401号会議室(大阪市中央区本町橋2-8)
┃内 容:1.「日本企業の対中ビジネス戦略の展望」
┃     ジェトロ海外調査部 中国北アジア課長 真家 陽一
┃ 2.「わが社の中国ビジネス」
┃  (株)デンロコーポレーション
┃ 常務執行役員・国際関係担当 結城 隆 氏
┃ 3.「三菱商事の中国での取り組み」
┃  三菱商事(株) 業務部 中国室 室長 西原 真司 氏
┃定 員:100名(先着順)※定員に達した場合のみご連絡します。
┃参加費:一般:3,000円
┃ 会員:無料
┃  ※ ジェトロ・メンバーズ、農水産情報研究会、中国経済情報研究会
┃申込・詳細:下記URLからお申込み下さい。〔締切日:6月1日(水)〕
┃  http://www.jetro.go.jp/events/seminar/20110516663-event
┃問 合:ジェトロ大阪本部ビジネス情報サービス課(担当:一之瀬、崎川)
┃ TEL:06-6447-2317 FAX:06-6447-2336 E-mail:osc@jetro.go.jp
┃主 催:ジェトロ大阪本部


【5】−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃       中小・ベンチャー企業のための環境技術セミナー
┃「世界に広がる製品環境規制
┃  〜EU規制を中心に国際ビジネスシーンで生き残るために必要なこと〜」
┃ http://www.pref.osaka.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=6956
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃大阪府環境農林水産総合研究所では、中小・ベンチャー企業を対象に環境
┃負荷を低減し環境改善に役立つ技術及び製品の開発を促進するための環境技術
┃セミナーを開催します。
┃本セミナーは、世界に広がる製品環境規制の動向と企業への影響やその対応に
┃ついて解説します。皆様のご参加をお待ちしています。

┃日 時:6月8日(水) 13:30〜17:00  
┃場 所:おおさかATCグリーンエコプラザ
┃    大阪市住之江区南港北2−1−10 ATCビルITM棟11階
┃内 容:
┃  1.講演『世界に広がる製品環境規制の動向と企業への影響』
┃   講師:一般財団法人 化学物質評価研究機構(CERI)
┃      安全性評価技術研究所
┃        研究企画部 研究企画課 副長 宮地 繁樹 氏
┃  2.講演『中小企業による製品環境規制への対応』
┃  講師:テクノヒル株式会社 代表取締役 鈴木 一行 氏 
┃  3.研究所の取組みと事例紹介
┃   (1)おおさかエコテック−環境技術評価・普及事業−について
┃      大阪府環境農林水産総合研究所 企画調整部 研究調整課
┃   (2)おおさかエコテック評価技術の事例発表
┃     (対象分野:有害化学物質の発生を抑制した技術・製品)
┃     ○環境配慮型屋根用塗料「バイオマスR」
┃      水谷ペイント株式会社
┃     ○有害物質を使用しないアルミニウム外装建材の塗装下地処理技術
┃      株式会社日本電気化学工業所
┃  4.情報交換会
┃    おおさかエコテック評価企業による技術紹介のミニポスターセッション
┃参加費:無料
┃定 員:80人(申込先着順)
┃申 込:下記の方法を選択し、申し込んでください。
┃    1.インターネット申込
https://www.shinsei.pref.osaka.jp/ers/input.do?tetudukiId=2011050001
┃    2.メールまたはFAX申込
┃     下記の連絡先に、会社(団体)名、参加者氏名、所在地及び連絡先を
┃     明記してお申込ください。
┃    大阪府環境農林水産総合研究所 企画調整部 研究調整課
┃     E-mail:etech@mbox.epcc.pref.osaka.jp
┃     FAX:06-6972-7684
┃問 合:大阪府環境農林水産総合研究所企画調整部 研究調整課
┃    TEL:06-6972-7634(直通) FAX:06-6972-7684
┃    E-mail:etech@mbox.epcc.pref.osaka.jp
posted by Mark at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

多彩な体験プログラムで、水辺とまちを楽しむ1カ月「e-よこ逍遥」開催

◆多彩な体験プログラムで、水辺とまちを楽しむ1カ月「e-よこ逍遥」開催
http://e-yokobori.jp/docs/e-ys201104.pdf

 歴史や文化、食などの様々な魅力を楽しむ体験プログラムを集中的に実施するイ
ベント「e-よこ逍遥(しょうよう)2011」を開催します。「なにわ伝統野菜の
鉢植え作り」「近代建築ビル特別案内ツアー」「家元に教わる煎茶講座」「能楽堂
でのお能体験」「楽器店でのピアノコンサート」など、約60回開催。
◇日時:2011 年 5 月 14 日(土) 〜 2011 年 6 月 14 日(火)
     プログラムによって異なる
◇場所:東横堀川界隈(大阪市中央区)
◇料金:プログラムにより異なる
◇問合先:地域振興部  ◇TEL :06-6944-6323

◆マーケティングの基礎のキソ講座〜自社の課題と戦略を見直す!
http://www.osaka.cci.or.jp/b/mkkk2306/

 実習を盛り込んだ参加型研修で、マーケティングの基礎を分かりやすく説明。営
業活動や製品・販売戦略の企画・立案への活用の仕方まで、効果的な販売促進策や、
結果が見える営業活動のヒントを学びます。
◇日時:2011 年 6 月 13 日 (月)10:00〜17:00
◇場所:大阪商工会議所 会議室
◇料金:会員24,000円、一般36,000円
◇問合先:研修担当  ◇TEL :06-6944-6421

◆実践演習!企画書・提案書の効果的なつくり方講座
http://www.osaka.cci.or.jp/b/ktkt1106/

 商談や会議ですぐに使え、効果的な企画書・提案書の作成方法を習得します。問
題を絞り込み、解決策を立案、文書化し、プレゼンテーションするためのポイント
を解説し、実例を交え徹底トレーニングします。
◇日時:2011 年 6 月 17 日 (金)10:00〜17:00
◇場所:大阪商工会議所 会議室
◇料金:会員24,000円、一般36,000円
◇問合先:研修担当  ◇TEL :06-6944-6421

◆旭区の今市商店街で100円商店街で開催します!
http://www.osaka.cci.or.jp/Chousa_Kenkyuu_Iken/press/110511y100.pdf

 大阪商工会議所の推進する100円商店街に新しく、今市商店街が参加します。
◇日時:2011 年 5 月 14 日(土)10:00〜
◇場所:今市商店街(大阪市旭区)
◇料金:無料
◇問合先:流通担当  ◇TEL :06-6944-6440

◆3級販売士短期集中講座
http://www.noma.or.jp/tsushin/retailsales/class3/index.html

 2011年7月9日(土)実施の販売士検定3級対策として、合格に必要な重要ポイン
トを短期間で修得します。
◇日時:2011 年 6 月 25 日(土) 10:00〜17:00
◇場所:大阪科学技術センタービル内(大阪市西区)
◇料金:会員・学生10,000円、一般12,000円
◇問合先:検定担当  ◇TEL :06-6944-6430

◆桟ネット主催「リレーセミナー(M&A編)」の開催
http://www.kakehashi-net.com/

 弁護士から、M&Aの計画や相手の探し方、デューディリジェンスと最終契約ま
でのプロセスにおける注意点などを解説頂きます。再生型M&Aという再起の道も
ご説明いたします。
◇日時:2011 年 5 月 20 日 (金) 14:30〜16:30
◇場所:大阪商工会議所 会議室
◇料金:会員5,000円、一般8,000円
◇問合先:ベンチャー振興担当  ◇TEL :06-6944-6403

◆特別展示「進取の精神〜京阪百年 継承される企業家精神」
http://www.kigyoka.jp/pdf/1105mj_kh.pdf

 大阪企業家ミュージアムでは、昨年創業百年を迎えた京阪電気鉄道の創立委員長
であり「日本資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一氏の進取の精神が、京阪百年のあ
ゆみのなかで継承されゆく姿を紹介する特別展示を開催します。
◇日時:2011 年 6 月 10 日(金)まで
◇場所:大阪企業家ミュージアム
◇料金:特別展示の見学料は、入館料(大人300円)に含まれます。
◇問合先:大阪企業家ミュージアム  ◇TEL :06-4964-7601

posted by Mark at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

フューチャーは若手ITコンサルをどう育成しているか?

... テムをインテグレーションするなり、コンサルティングを行うというのはまったく初めての経験だった。「まず、お客さまの話されている業務用語がよくわかりませんでした。しかしここで見栄を張っても仕方がないですからね。コンサルティングの段階で誤解があった...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、japan.internet.comに帰属します。)
posted by Mark at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁理士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

EC事業者やWEB担当者のための〜  「aiship 携帯やスマートフォンECに取組むためのセミナー」

http://r26.smp.ne.jp/u/No/171966/J6wIb2H7ci0D_103395/0517_aiship.html

====================================================■□■

スマートフォンが普及し、本格的なモバイルEC時代が到来します。

本セミナーでは、携帯やスマートフォンを活用した
ECに取り組まれる企業様を対象に
この市場で成功するためのポイントをご説明します。

【セミナー内容】
 第1部『これから始めるモバイル通販の成功ポイント』
 1.立ち上げ前に抑えるポイント
 2.モバイル通販取組事例
 3.スマートフォンECの今後

 第2部『モバイル通販立上げに関する個別相談会』
 ・ご希望の場合はお申込みの際に、その旨およびご相談の内容を
  合わせてご記入ください。

 ※ ご説明の中では、月額9,800円で活用できるモバイルECサービス
  【aiship】を題材とします。

【このような方にオススメ】
 ● 携帯やスマートフォンのEC(通販)に取組みたい
 ● WEBサイトのスマートフォン対応を知りたい
 ● モバイルサイトはあるが売れない・・・
 ● モバイルECの今後の方向性を知りたい
 ● PCは競争が激しいためどうすればよいか分からない・・・
-------------------------------------------------------------------

◆日 時: 2011年5月17日(火)  14:00〜16:30

◆場 所: 大阪商工会議所 地下1階 3号会議室(大阪市中央区本町橋2−8)
 http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html

◆講 師: 株式会社ロックウェーブ マネージャー 昆直喜 氏

◆対 象:
 ● EC事業者もしくはEC支援事業者
 ● これからモバイルに取組む方
 ● モバイルで売上拡大したい方

◆定 員: 先着30名(※1社1名限定)

◆参加費: 無料(大商会員・非会員を問わず)

◆主 催: 大阪商工会議所 ザ・ビジネスモール事務局

◆お申込締切: 定員になり次第、締切ります。

◆お申込み、講座内容の詳細は下記HPをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/171966/J6wIb2H7ci0D_103395/0517_aiship.html

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 ザ・ビジネスモール事務局
 TEL:050-7105-6220 FAX:06-6946-7214

posted by Mark at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。